一棟売りマンションを購入するなら|安定した収入を得られる

メンズ

企業の収益戦略

インテリア

収益アップ

企業経営者はできるだけ多くの収益を上げるために多大なる努力を続けています。しかしながら近年の経済情勢は世界規模で連動するため非常に不安定で、いつ何時経済情勢が悪化し、経営基盤を圧迫するリスクを常に抱えています。経済情勢が変化しても企業収益に影響を及ぼさない収益源があれば、経営基盤は盤石ですが、非常に難しいのが実態です。製造業などの設備投資を必要とする産業は設備投資リスクも抱えており、設備稼働率を高めることも重要です。経営を安定させるため、安定的な収益源として産業用太陽光発電の導入が進んでいます。大きな工場を持つ製造業や未利用の土地を持つ企業の場合、それらのスペースに産業用太陽光発電を設置して、発電した電力を売電するケースが増えています。

需要

太陽光発電は住宅用途が中心でしたが、かなりの数の住宅に搭載されたことで一般住宅向けの需要が下がり傾向になってきました。さらに売電価格の低下もその拍車をかけました。技術革新が進んだ太陽光パネルは性能向上のほかコストも大幅に下がりました。そこで、最近増えてきたのが事業として行う産業用太陽光発電です。売電事業には全く関係がない企業が新たな産業として屋根の上や、遊休土地に大量のパネルを設置したメガソラーで発電する電力を売却する産業用売電事業をスタートするケースが増えました。10キロワット以上になると20年間定額で売却が可能なうえ、投資額を減価償却に充てられるので、安定収益の増加と節税を同時に得る、企業にとって軽々基盤安定の助けになります。